ふくしま桜旅

福島県内の桜の名所・名木を紹介します

MENU

桜と人の物語

しだれ桜の宝庫・福島県への来訪を願ってつくる「枝垂れ桜花番付」

福島県内の桜にさまざまな形で関わる人を取材しました。今回は、毎年「枝垂れ桜花番付」を作成している郡山観光交通株式会社「社内桜審議委員会」会長代行の瀬谷和美さんにお話を伺いました。

清流沿いの桜並木を照らし出すカラフルな“七色LEDライトアップ”

福島県内の桜にさまざまな形で関わる人を取材しました。今回は、猪苗代町にある「観音寺川の桜並木」で幻想的な“七色LEDライトアップ”を実施している猪苗代町商工会青年部の皆さんをご紹介します。

カタクリの絨毯とオオヤマザクラの天蓋が美しい地域の“宝の山”

福島県内の桜にさまざまな形で関わる人を取材しました。今回は、カタクリとオオヤマザクラの共演が楽しめる三島町の「大林ふるさとの山」を管理している「西方共有財産管理会」の皆さんの取り組みをご紹介します。

地域住民が植えた108本のしだれ桜。今では艶やかな桜のトンネルに

福島県内の桜にさまざまな形で関わる人を取材しました。今回は、福島市にある「右輪台山のしだれ桜」を植樹した「水原の右輪台山のしだれ桜を育てる会」の皆さんの取り組みをご紹介します。

残雪の安達太良山を背景に咲く一本桜。“名もなき桜”が地域の象徴に

福島県内の桜にさまざまな形で関わる人を取材しました。今回は、二本松市にある「中島の地蔵桜」を地域のシンボル的存在にまで育て上げた「中島の地蔵桜を守る会」の皆さんの取り組みをご紹介します。

福島県は一本桜の大木数が日本一。その魅力を伝えるため番付表を作成

福島県内の桜にさまざまな形で関わる人を取材しました。今回は、毎年「福島県内『1本桜』番付表」を作成している「桜を愛するアマチュアカメラマンの会」代表の戸井田楽桜(らくおう)さんにお話を伺いました。

桜の里親と地元住民の想いがつくり出した美しい千本桜の風景

福島県内の桜にさまざまな形で関わる人を取材しました。今回は、伊達市にある「紅屋峠千本桜」の保護・育成をしている「紅屋峠千本桜の会」の皆さんの取り組みをご紹介します。

原発事故による避難を乗り越えて咲き誇る、川沿いの美しい桜並木

福島県内の桜にさまざまな形で関わる人を取材しました。今回は、浪江町にある桜並木「請戸川(うけどがわ)リバーライン」の手入れをしている「絆さくらの会」の皆さんの取り組みをご紹介します。